オニといえば誰を想像しますか?サラリーマンの哀愁漂う、思わず大人が共感してしまう絵本

unknown

タイトル/オニのサラリーマン

対象/6歳ぐらい〜
作者/富安陽子(著)大島妙子(イラスト)
サイズ/26.9cm×25.9cm×0.9cm
ページ/36ページ
発売日/2015/10

●ストーリー
わし、オニでんねん。すんまへん。じごくづとめのサラリーマン。きょうも、げんきに おはようさん。

●感想
フフフ。この絵本は関西弁の絵本です。じごくにつとめているオニのお話で、なんで関西弁?って思っちゃいますけど、なんとも オニのサラリーマンの哀愁漂う物語で、芥川龍之介の「くもの糸」をちょっともじってストーリーに絡めています。この絵本は娘が、保育園の貸し出し図書で借りてきて、こんな絵本こわくないのかな?と思ったのですが、全然平気で一緒に楽しく読みました。ぜひ一度 お読みくださいませ。

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。